パソコン / TV録画・編集ソフト
 Freemake Video Converter でMP4にエンコード

●これからはMP4が主流か 
 これまでは、TSファイルをAVI(H264+MP3)にエンコードして保存してきました。しかし、これからはMP4(H.264+AAC)にエンコードしようと思います。
 その理由は、LAN経由で動画を再生しようとすると、MP4形式にしか対応していないことが多いからです。たとえば、shared.comonedriveなどのオンラインストレージの多くでは、保存した動画はMP4形式のものしか再生できません。 
 動画配信ではほとんどMP4(H.264+AAC)やFLVになっていることも考えれば、これからは、TSファイルのエンコードもMP4が主流となるのでしょうか。

●FormatFactoryでも良いが 
 TSファイルをMP4形式にエンコードするには、FormatFactoryでもよいのですが、Freemake Video Converter の方が便利です。
 freemake.com のページに行き、「ダウンロード」をクリックし、保存されたファイルを実行すればインストールが始まります。何度か「アプリのインストール」を薦められますが、要らなければチェックを外しておきます。 




 使い方はとても簡単です。TSファイルをドロップするか、「ビデオ」をクリックしファイルを選びます。

 下欄の「MP4」をクリックし、好みのプリセットを選びます。

 たとえば、「HD720P」を選ぶと、動画は3282Kbps、音声は192Kbpsとかなり高めのビットレートでエンコードされます。「ソースと同じ」を選ぶと、フレームサイズはオリジナルのままですが、ビットレートはやはり、かなり高めです。

 プリセットエディタを使えば好みのビットレートを指定できます。

 指定した「1280x720」がプリセットに表示されています。

 複数のファイルを選択し、「ファイルを結合」クリックすると、複数のファイルが1つのファイルに結合されエンコードされます。


 freemake.com には、Freemake Video Downloader というのもあって、これもなかなか便利なソフトです。
 2015/3/19 

>