パソコン / TV録画・編集ソフト
 ラジオ予約録音の必要性は薄れてきた 

 NHKラジオ放送の予約録音の必要性は薄れてきました。なぜなら、多くの番組で、ストリーミング配信や聴き逃しサービスが行われるようになってきたからです。
 ストリーミング配信は、語学やカルチャーラジオ、朗読などの番組ホームページから、放送後一定の期間限定で聞くことが出来ます。語学番組はNHKゴガクの「番組案内」から目的の言語のページを開き、「ストリーミング」をクリックすれば前の週1週間分の放送が聴けます。カルチャーラジオ、朗読などは、各番組のページ( (月)NHKラジオ・アーカイブス (火)歴史再発見 (水)芸術その魅力 (木)文学の世界 (金)科学と人間 (土)漢詩をよむ (日)日曜カルチャー 音で訪ねる ニッポン時空旅 ラジオ 仕事学のすすめ 文化講演会 古典講読 こころをよむ 私の日本語辞典 朗読)を開き、「ストリーミングを聴く」をクリックすれば、2か月分くらいの放送を聴くことが出来ます。
 聴き逃しサービスは、「らじる★らじる」(ネットラジオ)が行っているサービスで、ニュースやドラマなど数多くの番組を放送後一定の期間限定で聞くことが出来ます(聴き逃し番組を探す | NHKラジオ らじる★らじる)。
 ストリーミング配信は、video downloadhelper(Firefox用Chrome用)を使えば保存できます。ただし、タイトルは付加されないので、保存後に手動でタイトルをコピーし貼り付ける必要があります。拡張子は「m4a」に変えたほうがタグ編集は容易です。
 聴き逃しサービスは、「どがらじ」を使えば保存できます。どがらじ」を起動し「ラジオ>らじる★らじる聴き逃しサービス」をクリックし、目的の番組をクリックすれば、再生・録音が出来ます。番組の保存期間は本家の「らじる★らじる」よりも長いですし、ストリーミング配信の保存期間よりも長いです。タイトルも付加されます。したがって、ストリーミング配信をvideo downloadhelperで保存するよりも、聴き逃しサービスをどがらじ」で保存する方が便利です。ただし、語学番組には聴き逃しサービスはないので、予約録音するか、ストリーミング配信を保存する外ありません。
 聴き逃しサービスもストリーミング配信も行っていないのは、トーキングウィズ松尾堂(松尾堂は2018年1月から聴き逃しサービスを始めました)とラジオ文芸館ぐらいです。なので、NHKラジオ放送の予約録音の必要性はかなり薄れてきたといえます。 

2017/10/16