録画・録音ファイル / マツコの知らない世界
 おうちコーヒーの世界/片手袋の世界 ⇒番組ホームページ 

 2018年2月6日放送のマツコの知らない世界「おうちコーヒーの世界/片手袋の世界」で、美味しいコーヒーの淹れ方を紹介していました。

 コツは、「お湯は80℃〜90℃」「注ぎ方はむやみに回さない」というシンプルなものです。


 具体的なコツは、まず「お湯を80℃〜90℃」にするために、「沸騰したお湯は別の容器で冷ます」ということです。


 次に、「注ぎ口の細いものを使う」ということです。計量カップや紙コップを使う手もあります。


 始めは、「少量を注ぎ全体を蒸らす」ことが大切です。

 後半はイヤな味も出るので、抽出を速めます。


 「フチの部分には注がない」よう気をつけます。

 粉の層を崩さない方が雑味が出にくいからです。



 番組では、「1杯20円から」とありますが、本当に20円で1杯が飲めるのでしょうか。
 アマゾンで焙煎豆1キロを1498円で売っています。1杯には豆10グラムを使いますから、この豆なら1杯15円ということになります。ただし、焙煎豆の風味は1週間はもちませんから、この間に100杯飲むのはちょっときついです。
 ブルックスのドリップパックなら1年ぐらいもちます。モカブレンドやマイルドブレンドなら1杯税別19円、ヨーロピアンブレンドなら40円ぐらいです。
 ドリップパックを、番組の方法で淹れてみたところ、雑味やえぐみが少なくなったように感じられました。
2018/2/8 

 温度と抽出時間を変えて試してみたところ、高い温度でゆっくり淹れると苦味が強く、低い温度で素早く淹れると酸味が強いという結果になりました。
 砂糖とクリームを入れるなら苦味が強い方がコクが活き、そのまま飲むなら酸味が強い方がすっきりとした味わいがあります。
2018/2/9